〈芋生悠〉インタビュー「この作品をみた後は、『自分のことを愛すことを頑張ってみようかな』と思えると思います。」【映画「ひらいて」】
by

〈芋生悠〉インタビュー「この作品をみた後は、『自分のことを愛すことを頑張ってみようかな』と思えると思います。」【映画「ひらいて」】

映画「ひらいて」が 2021年10月22日より全国公開中! 芥川賞作家・綿矢りさが、高校生による 禁断の三角関係を描いた同名小説を映画化。 本作は、明るく成績優秀で校内では人気者の愛は、 同じクラスの目立たず、教室でもひ…

映画「ひらいて」
2021年10月22日より全国公開中

芥川賞作家・綿矢りさが、高校生による
禁断の三角関係を描いた同名小説を映画化。

本作は、明るく成績優秀で校内では人気者の愛は、
同じクラスの目立たず、教室でもひっそりと過ごす
地味なタイプのたとえに片思いをしているが、
愛はなかなか近づけずにいた。
彼もまた密かに心を通わせる秘密の恋人・美雪。

そこから愛と美雪、たとえの三角関係が始まるが……。

今回、​​新藤美雪を演じた​​芋生悠ちゃんに
インタビューをしてきたよ!

役や作品に対する思い、演じてみて今思うことなど
たくさん語ってくれたよ🌟

本作のオーディションで役を勝ち取ったということで、オーディションの様子を教えてください。

オーディションの時は、杉田プロデューサー、首藤​​監督がいらしていて、台本の中を抜粋して演じさせていただきました。首藤​​監督とはその時が初めましてで、「どんな方なのだろう。ご一緒できたらいいな」と思っていました。台本は事前に拝読させて頂いていたので、小説の方も読んでいて、美雪​​という役が自分に合うのかなと思っていました。オーディションで演じさせていただいたシーンが、美雪が橋の上で愛ちゃんに目が暗いって話をするシーンで、大事なシーンだったので小説を読んで膨らませてから挑みました。

ーオーディションに挑もうと思ったきっかけは?

今の年齢がまだ色の付いていない透明な部分をギリギリで出せる時期だと思っていて、この作品はそれが残せる最後の場所でもあるのかなと思い、挑みました。

ーこの作品で共感や惹かれた部分を教えてください。

私は割と愛ちゃんに共感する部分が多かったです。無我夢中で周りが見えなくなって、路頭に迷っていることにも自分で気付けていなかったりする。彼女が「なんでなんだろう、わからない」と思っていて、そういう時は誰かに助けてもらいたいのに助けを求めることさえできない姿や、自分のことも愛せない、どんどんボロボロになっていくところがすごくわかるなと思いながらこの作品を読んでいました。

ネットに上がっている感想とかを読むと、基本的に愛ちゃんの行動が理解できないって書かれていたりするんですよね(笑)。それも理解できるけど、私はやっぱり愛ちゃんに共感しているからこそ、逆に美雪がやりやすかったです。愛のことをすごく側で見ている子なので、愛のことを理解している面でもすごく美雪はいいなと思いました。

最初に作品を読んだ時の美雪の印象と、そして実際に演じてみてその印象はどう変わったかを教えてください。

美雪はすごく柔軟で、自分で自分を満たすことができるので、すごくバランスが取れている子で、学生にしては達観している部分がすごくあると思いました。
美雪はお母さんとはまた違って、もっと柔らかい愛で人を包むことができるような人だなと思ったので、最初に首藤監督と話した時、「美雪は私にとってはおばあちゃんみたいな雰囲気があるように見えました。」とお伝えしたのを覚えています。なので、すごく素敵な女性だなと思いましたね。

なので、演じ終えて完成された作品を観た時に改めて「思ったよりもすごく芯がある子だな。」と思いました。それまでは割と実体がない、ミステリアスな子のイメージがあったんですけど、もっとこう、しっかり肉付きがあって存在感もある、目立つようなことをしないようにしているんだけど、みんなが気になっちゃう、みたいな女の子で凄く敵わない子だなと思いました。

美雪は糖尿病を患っていて、過去にも辛い経験をしてきたと思います。その点、どの様に考えていますか?

小説を読んだ時に、美雪は病気が重く感じてしまって抱えきれなくなって物に当たってしまうところが凄く印象的で。自分を責めて本当に苦しい思いを乗り越えた時にようやく自分を愛してくれている家族に感謝しなくちゃいけないって早くに思えるようになって。そういう所がすごく大人な部分だと感じました。だから愛ちゃんをすぐ受け入れられるんだなと思いました。

ー美雪は愛ちゃんのどんなところに惹かれて一緒に居るようになったんでしょうか?

美雪は愛ちゃんの一番近くで肌を触れ合わせていたりするので、言葉を交わしていなくても触れている体温から伝わってくるものがあるんだと思います。寂しそうだなって感じ取って、気になるってところから、「なんでなんだろう。守りたい。」となって最終的に愛情に変わっていって、一緒に居る様になったんだと思います。

撮影の中で印象に残っているシーンはどこですか?

カラオケのシーン!あそこは事前に首藤監督と2人でカラオケに行かせて頂いたんですが、その時に「初めて友達とカラオケに行った緊張感でやって欲しいです。」って言われて、本当にドキドキしながら歌ったのを覚えています。私が歌っている姿を首藤監督が撮影して、「こんな感じで行きましょう。」って言ってくださいました。

首藤監督の印象

首藤監督は、常にクールで感情を取り乱さないんですよ。最初から丁寧に説明してくれて、「美雪は絶対に芋生さんだと思った。」とおしゃってくれて、すごく信頼してくれていると感じたから私も首藤監督を信頼しようと思って撮影に挑みました。現場でも本当に落ち着いていらっしゃっていたのが印象的でした。

あと、杉田プロデューサーから「首藤監督は大学時代からこの作品を映画化したいと計画を練っていた。」と聞いた時は、「一大事なのに、こんな落ち着きようなんだ!かっこいい!」と思って、よりリスペクトの気持ちが増しました。作品への気持ちもありながら、プレッシャーもたくさんあったと思いますし、監督の立場をしっかりと全うしている姿を見て少しでも力になれたらと思いました。

この作品の完成版を観ての感想を教えてください。

愛ちゃんは凄く自分のことが愛せていないからこそ人に刃を向けてしまうというか。結構それってどうしようもない状態で、誰かが「大丈夫だよ。」ってぽんぽんってしてあげないと
自分で訳が分かんなくなっていて。そういう時に、美雪みたいな存在がいたらすごくいいなと思っていて、美雪は自分のことをしっかり愛せているからこそ、周りに愛を注げられる子なんです。そういう人が1人でも周りにいると、自分自身が変化できるので、この作品をみた後は、「自分のことを愛すことを頑張ってみようかな」と思えるんじゃないかと思います。

もし私が学生時代にこの作品を観ていたら、理解できない部分がたくさんあったと思うんです。でもこの作品を今の歳になって観ると、学生時代を思い返すというよりも、すごく全員が愛おしく見えたので、(原作著者の)綿矢りささんは、愛情を持って若者たちを観てくれているんだなと思いました。

ー話を聞いていて思ったのですが、芋生さん自身もすごく母性心が強い方ですか?

そうですね(笑)役の愛ちゃんにもだけど、演じている山田杏奈ちゃん自身にも「赤ちゃんみたいで愛おしい」って目線で見ちゃいます(笑)

共演した山田杏奈さんと一緒に演技してみていかがでしたか?

杏奈ちゃんと演じてみて、台詞なんですけど台詞じゃない、ちゃんと愛と美雪がそこにいて、それごすごく心地よくて嘘がない、そんな感覚がありました。杏奈ちゃんは好きな女優さんだなと思いながら見てました。

杏奈ちゃんはカメラの外では私に凄くお姉さんな感じなんですよ。でも時より、可愛い赤ちゃんみたいな時があって、「あぁ可愛いな」て思っていました。単純にファンなのかもしれないです(笑)。

他共演者との距離感について

共演者さんとの距離感は気をつけたいと思っていて、美雪と作間龍斗くん演じるたとえは教室で会うことをしていなくて普段会話はしていないことを考えて、演技以外の場面でも作間くんとは会話はしてはいけないなと思ってあまり距離を詰めすぎずに接していました。

逆に杏奈ちゃんとはたくさん話して感情をぶつけやすい環境になっていたと思います。

愛ちゃんって、「好きな人の好きな人を奪えばいい」って考え方だと思うんですが、その恋愛スタイルはどう思いますか?

なかなかすごいですよね(笑)気持ちはわからなくもないというか、好きな人の好きな人はきっと魅力的だから、「どんな人なんだろう」って気になり始めて、知れば知るほど凄い沼にハマってしまう気持ちははわかります。

ー芋生さん自身、恋をしたらどうなりますか?

その人の全部が愛おしくなります。なんでも、どんな姿でも好きです。受け入れたいですね。

ご自身の10代を振り返ってみてどんな10代だったか、また振り返った上で今の10代の子にアドバイスをください。

10代の頃は水泳、バスケ、空手、書道と本当いろんなことに怖がらずに挑戦していたと思います。失敗もたくさんあったけど、それが今となっては全部役に立っているので、10代の子にアドバイスをするなら、「無駄かもしれないと思わないで迷わずに一回チャレンジして欲しい」って思います。

ー習い事など、自分からやりたいと積極的に言っていたんですか?

そうですね。両親にやりたいと伝えて、両親も「やってみたら」って肯定してくれていたので迷わずにやらせてもらっていました。

ー特にやっておいてよかったなと思った習い事はありますか?

空手ですかね。「礼に始まり礼に終わる」といった礼儀を意識せずとも自然にできるよになるまで教えられたので、大人の方々とも自然と付き合えるようになりましたし、集中力も鍛えられたのでそれは役にも活かされているなと思います。

ーありがとうございました!

ST:koji oyamada / 小山田孝司
HM:塩山千明

芋生悠 プロフィール

1997年12月18日、熊本県生まれ。
2021年BOAT RACE振興会 CMイメージキャラクターに就任。
2014年の「ジュノン・ガールズ・コンテスト」にてファイナリストに選ばれ、翌年より女優業をスタート。
映画をはじめ、テレビドラマや舞台、CMへも多数出演。
着実に実績を積み2020年公開の主演映画「ソワレ」で各方面からより注目される。
近年の主な出演作品に映画「37セカンズ」、「#ハンド全力」、「HOKUSAI」など。「牛首村」の公開も控えている。

映画「ひらいて」10月22日(金)全国ロードショー

【STORY】
高校3年生の愛(山田杏奈)は、成績優秀、明るくて校内では人気者。そんな彼女は、同じクラスの“たとえ”に片思いをして いる。彼はクラスでも目立たず、教室でもひっそりと過ごす地味なタイプの男子。だが寡黙さの中にある聡明さと、どことなく謎めい た影を持つたとえに、愛はずっと惹かれていた。しかし、どこか人と関わりを持つことを避けているようなたとえに、愛はなかなか近づ けずにいた。自分だけが彼の魅力を知っていると思っていた。しかし、彼が学校で誰かからの手紙を大事そうに読んでいる姿を偶 然見てしまった事で事態は一変する。 「たとえに、恋人がいるのではないかー」その疑惑がぬぐいきれず、愛はある夜、悪友たちと学校に忍び込み、その手紙を盗んでし まう。手紙の差出人は、糖尿病の持病を抱える地味な少女・美雪。その時、愛は、初めてふたりが密かに付き合っていることを 知るのだった。学校内でも目立たない美雪が突如たとえの彼女だと知り、熱い恋心が乱反射する。そして自らの気持ちを隠して 美雪に近づいていく愛。そこから愛と美雪、たとえの関係は思いもよらぬ方向へ・・・。

山田杏奈 作間龍斗(HiHi Jets/ジャニーズ Jr.) 芋生悠
山本浩司 河井青葉 木下あかり
板谷由夏 田中美佐子 萩原聖人
監督・脚本:首藤凜 原作・綿矢りさ『ひらいて』(新潮文庫刊)
制作プロダクション:テレビマンユニオン
製作:「ひらいて」製作委員会
配給:ショウゲート
©綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会
公式twitter:@hiraite_movie
公式Instagram:@hiraite_movie

公式サイト

フォトグラファー:長岡泰地 インタビュー・文:竹井裕香

Writer info

Hiroka TakeiHiroka Takei