絶対に見たい⭐️期待の小説『生きてるだけで、愛。』が映画化!
by

絶対に見たい⭐️期待の小説『生きてるだけで、愛。』が映画化!

ほんの一瞬だけでも、分かり合えたら。 芥川賞作家・本谷有希子の傑作小説、注目の女優・趣里主演で映画化! 生きてるだけで、愛。 趣里、菅田将暉が演じる【寧子&津奈木】 仲里依紗が演じる津奈木の元カノ【安堂】 今を懸命に生き…

ほんの一瞬だけでも、分かり合えたら。
芥川賞作家・本谷有希子の傑作小説、注目の女優・趣里主演で映画化!

生きてるだけで、愛。

趣里、菅田将暉が演じる【寧子&津奈木】
仲里依紗が演じる津奈木の元カノ【安堂】

今を懸命に生きる、彼女たちの行く末は?

波乱の物語を予感させる場面写真、一挙解禁!!

『異類婚姻譚』で第154回芥川賞を受賞、
小説家・劇作家・演出家としてマルチに活躍する本谷有希子氏の
芥川賞・三島賞候補作となった傑作小説『生きてるだけで、愛。』
が待望の映画化、11月9日(金)に公開!!

キャストには、主演の趣里をはじめ、
菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、
石橋静河、織田梨沙、仲里依紗ら実力派俳優が集結◎

監督は、同作が初の長編監督作となる映像作家・関根光才が務めます!

あらすじ

過眠症で引きこもり状態な上に、自分をコントロールできず
理不尽な感情にさいなまれるヒロインの寧子(趣里)と
出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れるも、
やりがいを感じられずに日々をやり過ごす津奈木(菅田将暉)

3年に渡り同棲生活を送っている二人だが、
寧子はたびたび津奈木に感情をぶつけ、
対する津奈木は怒りもしなければ喧嘩に発展することすらない。

そんな態度がむしろ寧子を苛立たせるが、
二人は互いに自分の思いを言葉で伝える術を持っていなかった。

そこへ津奈木の元カノ安堂(仲里依紗)が現れたことから、
寧子自身や津奈木との関係にも大きな変化が起こるが─。

「特報映画」

日本を代表する人気実力派俳優陣による、
さまざまな感情を秘めた表情の数々は、
どこか波乱な展開を予想させるのに十分!

さらに、映像ディレクターとしても世界で高い評価を受ける
関根光才監督ならではの、美しい色合いや絶妙な光と影のバランスも
あらためて話題を呼びそうです💠

リアルとバーチャルが混在する社会で
他者とのつながりを求める現代の若者たちの姿を
エモーショナルなラブストーリーで綴る『生きてるだけで、愛。』

11月9日(金)新宿ピカデリーほか
全国ロードショー!

 

 


【生きてるだけで、愛。】

出演 :趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美
松重豊 石橋静河 織田梨沙 仲里依紗

原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)

監督・脚本:関根光才

製作幹事 :ハピネット、スタイルジャム
企画・制作プロダクション:スタイルジャム
配給:クロックワークス

コピーライト:©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

公式サイト

Writer info

Nomdeplume編集部Nomdeplume