れぴ流フェスの楽しみ方を伝授!! 話題の都市型フェス ULTRA JAPAN 2016完全攻略法🤘🎉✨ 〜準備編〜
by

れぴ流フェスの楽しみ方を伝授!! 話題の都市型フェス ULTRA JAPAN 2016完全攻略法🤘🎉✨ 〜準備編〜

今回れぴが参戦したのは、ULTRA JAPAN 2016(2016年9月17日〜19日)! 都市型フェスとして大人気の音楽イベントです(20歳以上のみ参加可能)。2014年から毎年開催されている同イベントは、今年で3年目。国内外問わずの有名DJ・プロデューサーが多数出演するとあって、日本はもちろん海外からも参加者が訪れていました。

日本最大級の都市型フェス「ULTRA JAPAN 2016」

今回れぴが参戦したのは、ULTRA JAPAN 2016(2016年9月17日〜19日)! 都市型フェスとして大人気の音楽イベントです(20歳以上のみ参加可能)。2014年から毎年開催されている同イベントは、今年で3年目。国内外問わずの有名DJ・プロデューサーが多数出演するとあって、日本はもちろん海外からも参加者が訪れていました。

れぴも初めてULTRA JAPANを体験するということで、ワクワク&緊張が止まらない!! 今回はれぴ流のULTRA JAPANの楽しみ方を紹介しちゃいます😘

フェスを楽しむポイント①:出演者を事前チェックすべし!!

れぴが参戦したのはDAY2! この日はメインステージに、HardwellやKnife Partyなど実力が高く評価されているアーティストが出演。事前に出演者の代表作を下調べしておくと、自分の好きなジャンルが分かるし、パーティをより楽しめるようになるよ。

Hardwell & Craig David – No Holding Back

歌唱力が評価され人気の男性シンガー・Craig Davidとの涼しげ&軽やかなナンバー。

Hardwell & Dyro feat. Bright Lights – Never Say Goodbye

渋谷で撮影したMVが印象的。夜のおでかけが楽しみになるようなワクワクさせてくれる曲。

Knife Party – Internet Friends

ネット社会の恐怖を痛烈&シュールに批判した大ヒットソング。ユニークなMVは必見!!

フェスを楽しむポイント②:おしゃれで動きやすい服を選ぶべし!!

会場内を歩き回ったり、踊ったりすることも考えて、フェスには利便性がいいファッションで参戦するべき。ヒールで出かけるのはあまりオススメしません……。怪我をしてしまうこともあれば、帰る頃には足が痛くなって動けない、なんてこともあるので注意。

れぴのULTRA JAPAN 2016向け スペシャルコーデはこんな感じ😜

〜ビビッドカラーを盛り込んだ、ガーリースタイル〜

赤のニットキャミや、レースのカーディガンを取り入れてガーリーな雰囲気に落とし込んだ、フェスファッション。屋外のフェスは気温の変化に対応しやすいよう、羽織りモノは必需品!! ロングカーデは縦長のシルエットでスタイルも良く見せてくれる優秀アイテムなんだ。

強い日差しに備えてサングラスは必需品!! れぴは流行のサークルフレームを選んだよ✨

動きやすさを考えるとスニーカーは必須。ピンクがアクティブでガーリーな印象の一足をチョイス👍

両手が空くポシェットは、会場内を動き回るときに便利。落としたりしにくいのもGOOD!!

出演アーティストをチェック&ファッションのポイントを押さえたら、ULTRA JAPAN 2016の下準備はバッチリ。次回はいよいよULTRA JAPAN 2016の注目スポットをレポートするよ🤗

 

Writer info

Nomdeplume編集部Nomdeplume

CATEGORY: NEWS